おすすめできないプロバイダ

絶対買うな!WiMAXおすすめできないもの | WiMAXをおすすめできない人 | WiMAXが向いている人 | WiMAXはプロバイダで買うと圧倒的にお得 | おすすめできないプロバイダ | GMOとくとくBBはキャッシュバックの受け取りに注意が必要

あまりおすすめできないのが以下のプロバイダ。
・JP WiMAX
・UQ WiMAX
そしてキャッシュバックを受け損ねたなどのトラブルが多い
・GMOとくとくBB
をご紹介します。GMOとくとくBBはキャッシュバックさえ受けることができればとてもお得なプロバイダなのでキャッシュバックを受ける手順についても解説します。

JP WiMAX

JP WiMAXは2018年に開始された新しいプロバイダです。月額料金の安さやキャンペーンが魅力で新規で契約する方が多くいます。
JP WiMAXの魅力
・Amazonギフト券1万円分即日プレゼント
・月額料金が安い(キャンペーン利用で)
・オプション登録不要
JP WiMAXのメリットは以上の3つ。特にAmazonギフト券即日プレゼントは大きなポイントです。他のプロバイダではキャンペーンやキャッシュバックを受け取るのに時間がかかることが多く、もらい損ねてしまう人がいるので即日プレゼントはありがたいですね。
月額料金3465円で3年間の利用料金も128200円と他のプロバイダと比べてお得なのも大きなポイントです。
ですが、JP WiMAXには以下のデメリットも・・・
・高額な解約違約金
・W06(最新機種)の取り扱いが少ない
・auスマートmineが適用されない
JP WiMAXは他社と比較すると解約違約金が高額です。
1年未満の解約:30,000円
1~3年の解約:25,000円
3年以降の解約:9500円
他のプロバイダでは1年未満の解約で2万円前後、1年~3年での解約で1万5千円ほどなのでJP WiMAXは途中解約はリスクが大きいです。
また最新機種W06の取り扱いが少ないというデメリットも。端末が届くまでに2週間以上、長くて1カ月かかってしますこともあるようです。
「早く使いたい」という方にはあまり向いていません。さらに申し込みをしても連絡がこないというケースもあり、サポート体制などの評判もあまりよくないので契約するには注意が必要なプロバイダです。

UQ WiMAX

WiMAXはUQコミュニケーションズ株式会社が管理しており、UQ WiMAXはWiMAXの本家です。テレビCMもあり、知名度もあるので契約される方も多いですが結論から言うとUQ WiMAXでの契約はおすすめできません。
理由は
・端末料金がかかる
・月額料金が高い
・キャッシュバックやキャンペーンなし
の3つです。特に月額料金の高さは大きな痛手ですね。月額最安値(キャッシュバック適用価格)のGMOとくとくBBと比べると違いがよく分かります。
UQ WiMAX(1年間総額):52,555円
GMOとくとくBB(1年間総額):39,902円
とはいえ、「さすが本家も」といえるメリットもあります。
・15日間無料でお試しができる
・サポートが充実している
以上のメリットがあり、契約した人の満足度も高いです。料金が高くてもサポート体制がしっかりしたところで契約をしたい方はUQ WiMAXがおすすめです。